カードローンはイメージほど怖くない。

0

初めてクレジットカードなるものを作ったのは働き出してすぐの頃、同じショッピングモールで働く人の勧誘で作りました。
お金の事には幼い頃から特に厳しく躾けられていた私は、カードを持つだけでも結構ドキドキでした。
でもいざ使ってみると便利だしお金で払うよりもポイントも付くしで、いろいろ調べてみると使い方によっては現金より便利で安全だと思いました。
慣れてくると大きい買い物にも使い出し、文字ではちょっと怖いなぁ~と感じるカードローンも初めて利用しました。
毎月これなら返せるなぁ~って額にしていたので、月々の負担も少なくて気分的にも余裕が出来て楽でした。
カードローンというシステムが怖いんじゃなくて、使う側がしっかり毎月の返済金額を把握して準備しておけば何の心配も無いので、使う側の意識の問題抱けなんだと思います。
今もネットで使ったらすぐに明細届くので本当に便利です!
お金が貯まるまで欲しい物を買わずにいたらいつ買えるかわからないし、私にとっては時間のほうがお金より大切なのでこのカードローンの仕組みはとっても有難い存在です。

カードローンの審査に通りやすい人

0

カードローンの審査に通りやすい人とはどんなタイプでしょうか。

例えば一部上場企業や公務員は収入が安定しているので審査に通りやすいです。といってもアルバイトやパートが審査に通らないわけではありません。1年以上の勤務実績があり毎月安定収入があれば基本的には審査では有利になります。

カードローンに申し込んだからといって必ずお金が借りられるわけではありません。ほとんどの人は借りられると思いますが、審査によってはねられてしまう場合もあるのです。ではどうすればカードローンの審査に通りやすくなるのでしょう。

多くの審査でチェックされるのが、「就業しているのかどうか」「勤務年数」「年収」「住まいの有無」などです。どの項目に重きを置くのかはカードローン会社によって違ってきます。

例えば消費者金融系カードローン会社では現在就職しているのかどうかが重視されます。これは正社員であるかそうでないか、という意味ではなく、定期的に収入があるかどうかという点を重視しています。ですのでアルバイトであってもOKというわけです。
出典: 審査に通りやすいところはどこ? -カードローンの審査基準を解明

また申込者が自分の持ち家に住んでいると評価は高くなります。他にも独身で両親と同居している人や、長年同じ土地で暮らしている人は、経済的な安定度が高いと見なされてカードローンの審査に通りやすくなります。審査では意外と電話も大事です。固定電話と携帯の両方が使える人は審査に有利です。

いつでも利用者と連絡が取れることが大事だからです。

また審査に通りやすいのは自分のクレジットヒストリーが良好な人です。他社借入件数が3社以上あったり、過去に返済の延滞があったり、多額の負債残があると評価が低くなります。クレジットヒストリーは自分の努力次第で借り過ぎを防いだり改善できるので、日頃からの心がけが重要です。

初めてのカードローン

0

今まで、ローンというものは、自分では組んだことがありませんでした。
先日、初めての中古車購入に際し、現金で全てを支払うことはできないため、カードローンを検討しました。
まず、考えたのは銀行のカードローン。
説明だけをまず聞きに行きました。
丁寧な説明でとてもわかりやすかったです。
ですが、仮審査の書類を出してから5日ほどで返答の電話が来るはずが、なかなか来ない。そして、しばらく経ってから不在の時に家族がそのかたからの電話に応対。それによれば、次にこの日にあなたから電話をしてください、との指示がありました。
なので、その指示通りに電話をすると、今度はつながりませんでした。
ヤキモキしてしまったので、JAのカードローンで考え直しました。
そしたら、金利がこちらの方が断然いいのてす。
しかも、カードを作るとさらに金利が下がるとか。
はじめからこちらで考えればよかったなと思いました。
支払い計画書もしっかり作成してくれますし、無理のない範囲で、返済できそうです。もし、迷っていたならば、検討してみてください。

カードローンで収入を証明する書類が不要な場合

0

カードローンを申し込む時は、年収額も申告しないといけません。ここで虚偽の申告をすると、審査に通過しづらくなるそうです。もちろん申し込みの際は偽りない年収額を申告しますが、実際に収入を証明する書類を使って収入状況を確認されるのも何だか抵抗を感じてしまう部分があります。できれば証明書なしで収入状況を伝えられるカードローン会社の方が利用しやすいと思います。

実はカードローン会社の多くは、少額の融資なら収入証明書を提出する必要がない決まりになっているそうです。例えば50万円とか100万円程度の借り入れ希望なら、源泉徴収票や給与明細がなくても大丈夫なのです。場合によっては少額の融資を希望する場合でも収入証明書の提出が必要になることもあるらしいですが、初めてカードローンを利用する方で融資希望額が少額の方なら、おそらく収入証明書の提出を求められることはないはずです。

収入証明書の提出が必要かどうかは、カードローン会社のホームページを確認すれば分かると思います。希望している借り入れ金額が収入証明書の提出不要になっているカードローン会社を利用すれば、収入の証明に関する手間は省くことが出来ます。

本当に雪だるま式に増えます

0

始めにカードローンで借りたのは3年前、主人の会社のボーナスが出なかった時期に、ボーナス払いでローンを組んでいたものが払えなかったのが始まりです。

手軽に借りれたことがきっかけで、1社のカードローン限度額いっぱいになったら、次のカードローン会社へと移行してしまい、本当に雪だるま式に増えてしまいました。

そこから得た教訓は、生活費目当てにローンを組むのはよくないという事です。
車や太陽光パネルなど、金額が大きいものに対してローンを組むのはよいです。しかし、毎日の生活に困りローンを組むと、返すあてもなく借りる事になり、さらに毎月の出費がかさみ、次々にローンが増えてしまうからです。
最後はもうどこからも借りれない状態になってしまいます。

このローンを返す為に、自給の良い深夜バイトを始めました。
深夜3時から6時まで、コンビニ弁当の仕分けのアルバイトに行っています。
子供がいるので、平日昼間は厳しいので深夜バイトを選んだとも言えます。